こんなにドキドキと緊張してしまう面接は、今回が初めてでした。
私のブティック経営の夢を応援してくれるかもしれない男性と待ち合わせなのです。
緊張してしまうのは当然です。
良い印象を与えることも必要だと思いました。
私が本気で、ブティック経営をしてみたいという気持ちを、分かってもらう必要だってあります。
それがうまく相手の方に伝わるかどうか?
不安な部分でもありました。
パトロン募集で知り合った男性に面接してもらうため、出かけていくことになりました。

 

 お金を無償支援してくれる人に、なってもらえるかもしれない人との待ち合わせは、大きなホテルのラウンジでした。
私が到着すると、先に待っていてくれ出迎えてくれました。
「併設してあるレストランで、お茶でもしながら話をしよう」
柔和な笑顔で言ってくれ、少し安心できました。

 

 決して尊大な態度の方ではありませんでした。
「そんなに緊張しなくても大丈夫だから。リラックスして欲しい」
笑顔がとにかく優しい。
ホッと胸を撫で下ろすことができました。
お茶を飲みながら、私の夢を聞いてくれました。
離婚後の人生を、自分のやりたかったことに捧げてみたい。
若い頃からファッションセンスがあるから、それを活かしたセレクトショップをオープンしたい。
この話をかなり真面目にさせてもらえました。
「今すぐに答えを出すことはできないことは分かってくれると思う。もう少し、君はどのぐらい本気なのかを知りたいし、しばらく食事デートに付き合ってもらえないだろうか?都度払いで少しお金を出すから」
将来的に、支援をしていただけるかもしれない。
お食事デートの約束に乗りました。

 

 だいたい週に1回のペースで、お食事に出かけるようになりました。
いつも美味しい料理を食べさせてもらえて、お腹も大満足。
私の話も一生懸命聞いてくれる方。
ちょっとしたアドバイスまでしてくれたりもして。
真面目に考えてくれているその姿に、感動すら覚えてしまいました。

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料

パトロン募集の成功者に教わったサイト