YYCで知り合った、55歳の男性とは、お食事デートをずっと続けていました。
食事デートが6週目になった頃、ついにその時がやってきました。

 

 その日もいつものように、ディナーにお付き合いするため待ち合わせになりました。
いつも美味しいお店に連れて行ってくれ、私のお腹も満足だったのですが、この日は精神的な満足も味わうことになりました。
「ずっと見てきて、服のセンスなんかも確かにいい。見た目も悪くないため、ブティックを経営する力もありそうだと判断できたんだ。経営資金の方は、軌道に乗るまで僕が面倒を見ようじゃないか。金銭的だけではなく、それ以外のサポートもしていきたいと考えていてね」
私のパトロンになってくれると言ってくれました。
資金援助のみにあらずブティック開業のサポートまでしてくれるようです。
テナント選びや、仕入れなど、諸々手伝ってくれると言うのです。
パトロンが言うには「ネットショップの方も、同時に展開していったほうが、収入は確実かもしれないね」というアイデアまで出してくれました。

 

 幼馴染みから教えてもらった、パトロンの作り方。
より良い出会い系サイト、YYCとJメールとワクワクメールを利用して答えを出せました。
時間こそ必要でしたが、出会い系サイトの中には、お金くれる方がいました。
昔からの夢だったブティックオープンが、現実のものになるのです。
果てしない喜びを感じてしまっています。

 

 幼馴染みに報告したところ、彼女もとても喜んでくれました。
彼女の方も、お店をオープンするため、希望に満ちた笑顔でした。
私もその内、こんな希望だらけの笑顔を見せることができるようになるんだと思うと、とても嬉しくなってしまいます。
パトロン募集方法を教えてくれた、幼馴染みには感謝の気持ちでいっぱいです。

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料

パトロン募集の成功者に教わったサイト